Skip to content →

お隣の女性 a lady next to me

ami-nikotama
帰国便でお隣になった素敵な女性。
なんと御年78歳のひとり旅!
お肌はツヤツヤ、背筋もピーンとしていらしたのでお年を伺ってもうびっくり。

定年まで勤めあげ、60歳で一念発起して英語の勉強をはじめられたそうだ。
その後13年間連続で毎年海外へ語学研修に行かれ、今回は3週間、お友達のところに滞在なさっていたとのこと。

若々しい心と健全な肉体を持っていらっしゃるのだろう。
敬服の一言に尽きる。

挑戦する心を持ち続けること。
魅力的な大先輩にお目にかかれて幸せだった。

外資系の航空会社で周りにも日本人が少なかったので、フライト中、少しだけお手伝いさせて頂いた。
「お隣になれて安心しました。」
と言ってくださった時のはにかんだ表情はまるで少女のようで、その瞬間だけ、大先輩の母のような気持ちになってしまった。

ひとりの女性の一生に思いを馳せたフライトだった。

写真は今日が最終日の高あみ作品展「小さな個展」からの1枚。
なんだかこの投稿にぴったり。

まさに「女性」を描いた作品群。
子育てと作品制作に奮闘するあみちゃんのあたたかい作品をどうぞお見逃しなく!

Back in Tokyo now.

It’s one of the best seasons in Japan.
So happy to be here right in the moment as cherry blossoms do not last long.
I hope many of you will experience this special Sakura season at least once in your life!

On my flight back to Japan,I sat next to a very charming lady.
She was 78 year-old Japanese traveling on her own!

She said that she had started to learn English at the age of 60.
Since then,she visits overseas almost every year.

The importance of keep challenging!

I am very proud of my senior fellow(^^)
Hope she will stay healthy and keep living her life to the fullest!

The photo above is a work by Ami KO.

This work is now being exhibited at her one person show “Tiny exhibition”.

Ami is good at women figures and her works always have “warmth”.
She says that she wishes to express only a positive existence of humans.

Please vist the show today if you are around as this is the last day!

Published in ユカリアート YUKARI ART 日記 diary