Skip to content →

気持ちを切り替える switched my mind

akirayoshida-ex2
いま自分に何ができるのか?

熊本を中心とした地域での大地震発生以降、日々考えつづけています。
旅をしたばかりでしたので、知人だけでなく道中出会った名も知らぬ方々のことも気になります。

そんな中「吉田朗展」がはじまりました。
会場は東京ミッドタウンの目の前にあるHideharu Fukahsaku Roppongiです。ご縁あってお声がけ頂き、こちらでの展示が実現しました。

画廊に到着し、スポットライトに照らされた作品群を見た瞬間、気持ちがパッと切り替わりました。
親愛なるアーティスト達の作品は実物であれ画像であれ何かしら毎日のように見ていますが、見慣れたその作品が画廊という真っ白い空間で照明をあてられると、まるで舞台上の役者のように輝いてみえるのです。

作品に救われた気がしました。

いまの自分に何ができるのか?
その問いへの答えがみつかる日も近いかもしれません。

What can I do for Kumamoto?
I have been wondering this since the massive earthquakes stroke the area.
Not easy to believe what I see on the news as I had traveled there just a few days before the devastating incident happened.
My heart goes out to Kumamoto.

Meanwhile,”Akira Yoshida exhibition” started at Hideharu Fukasaku Roppongi in Tokyo on Monday.
Thanks to the kind invitation by the staff members,this exhibition was realized.

Right after I arrived the gallery and saw the art works there,my mind was switched.

Each work looked like a star who has the spotlight all to him or herself.
They are the works very much familiar to me,but under lots of lightings in the white cube,they seemed like a galaxy of movie stars.

Yoshida’s works rescued me.

What can I do for Kumamoto once again?
I might be able to find a clue to my question soon.

作品 works: 吉田朗 Akira YOSHIDA
“MELT DARUMA “, metallic blue×gold
“DARUMA -basket case”,pearl white×pink

Published in ユカリアート YUKARI ART 日記 diary