Skip to content →

時の流れ Time goes by…

大畑伸太郎、2008年の作品「ホタル」(写真上)
女の子が夜、ブランコに乗って携帯電話を見つめている作品
当時の自分の画廊で展示した後、アート台北に持っていき熱烈に受け入れて頂いたのをよく覚えている

同アーティスト、今年の新作「世界の片隅で」(写真下)
夜のコンビニの前で同じく携帯を見つめる女の子の作品
現在「眼差しと好奇心-anomaly-」展で展示中

「ホタル」の子の携帯はふたつ折式のいわゆるガラケー
「世界の片隅で」の女の子はスマートフォン

こんなところにも時代の流れやアーティストの歴史をかいま見ることができます

“Firefly” by Shintaro Ohata created in 2008.(photo above)
After exhibited in my gallery at that time,I brought the work to Art Taipei.Still remember that Taiwanese audience enthusiastically welcomed the piece!

“In a corner of the world”,the latest work by the same artist being displayed at “Eyes and curiosity -anomaly-“ exhibition now.(photo below)

The “Firefly” girl is looking at her “flip phone”.
Meanwhile the girl of “In a corner of the world” has a “smart phone” in her hand.

Time goes by…
1-2Exif_JPEG_PICTURE上「ホタル」2008, 下「世界の片隅で」2016 (撮影:宮嶋径) ”Firefly” 2008(above),”In a corner of the world” 2016 (below – photo by MIYAJIMA Kei)

Published in 日記 diary